ソフトオープン期間送料無料!

0

現在カートに何も入っていません

REFORM LABO 1 分の読み

今回はお直しにお持ち頂くまでの応急処置のお話です。

パンツやスカートを履いていて、ふと裾に目をやると、
糸が出ている!

なんだろう?と思って引っ張ると…

裾がほつれてしまった!こんな経験はありませんか?

実は裾上げのミシンまつり縫いは、ミシンステッチに比べてファッション性を重視した仕上げのため、ちょっとした加減でスルスルと解けてしまいます。
よく見ると縫い目が輪になっています。
編み物をされる方だと想像しやすいと思いますが、引っ張るとどんどん解けてしまいます。
もしも出先でお直しする事も出来ない状況だと困りますよね。。。

縫い直すのは後で当店にお任せいただくとして、とりあえずその場を凌ぐため、これ以上ほつれないように止める方法をご紹介させて頂きますね♪

まず、縫い目の輪を広げます。

輪の中に糸の端をくぐらせます。

くぐらせた糸を引きます。
これでひとまず、これ以上ほつれていくのを止める事が出来ます。


あくまでも応急処置なので、安心して放置してたら結局全部ほつれてしまった!と言う事の無いように、早目にお直ししてくださいね♪

その際は、是非、リフォームラボ大井町店をご利用くださると嬉しいです♪

【お直し料金】
パンツ裾ほつれ直し  500円〜
スカート裾ほつれ直し  丈詰めの半額
(お品物の状況によってお値段が変わる場合もございます。いずれも税抜き価格です。)


お洋服でお困りのことがあれば、お気軽にリフォームラボまでご相談ください!



translation missing: ja.blogs.article.additional_articles

デニムパンツウエスト詰め
デニムパンツウエスト詰め

REFORM LABO 1 分の読み

デニムの裾上げ、ダメージ残し
デニムの裾上げ、ダメージ残し

REFORM LABO 1 分の読み

通学グッズもお作り致します
通学グッズもお作り致します

REFORM LABO 1 分の読み